デジタルな日々

ゲームラッシュ第1部


 

ここ最近 やりたい やらなきゃいけないゲームが

「オラオラオラオラオラオラオラオラ!!!!」

とばかりにどんどん発売されるから大変だぜ

 

やれやれだぜ…

 

(ジョジョ3部良かったっすね)

 

Splatoon

 

WiiU_screenshot_TV_0162B

 

5月に発売したのでもう1ヶ月ほど立つんだが、まだまだ飽きる気配がない…!

 

Splatoonは

 

定期的に無料アップデートで武器やステージが追加されていたり、

期間限定イベント「フェス」が開催されたり、

 

どちらかというとオンライン・ソーシャルゲーム的売り方をしているようで

今後も話題が絶えなさそう

 

だけどやっぱり運営にもお金がかかるわけで、

ソーシャルではアイテム課金とかでずっと収入が入ってくるけど、売り切りコンシューマだとそうはいかない

今後いつまでこうしたイベントが続けられるんだろうね

もちろんスマブラくらいビッグタイトルになればそんな心配もいらないんだけど

 

そのうち「水着ギア 500円!」とか出しそう…

 

 

でもすごい楽しいんだよ!これが!!

フェスでみんなが「ごはん」とか「パン」とか超どうでもいいことで盛り上がってるの!w

 

WiiU_screenshot_TV_0162B

 

祭りじゃ〜〜

 

これが任天堂がMiiverseで目指していたものなのかなって感じがする!

スマブラでもMiiverseステージ出たし、Miiverseのの広がりに期待だね!

 

 

え!?

 

 

(西暦2015年6月27日…この頃から”きのこたけのこ戦争”が少しづつ我々に近づいてくる音が聞こえ始めたのである…)

 

 

ファイアーエムブレムif

 

FEifSE

 

待ちに待ってたファイアーエムブレムの新作!

奇跡的にスペシャルエディションが買えた!

 

ストーリーサクッとまとめると

 

今作は2つの国が戦ってるなかでどっちについて戦うか?という選択を迫られ、そこからそれぞれのストーリーが展開していく

 

その国ごとにソフトが2バージョン販売されていて、

選ばなかった方のバージョンは2000円で追加購入することができる。

 

さらにどちらの国にもつかないという第三のシナリオも用意されていて、

こちらも2000円で追加購入することができる。

 

DL版やこのスペシャルエディション版ならゲームをある程度進めたとことでどっちにするか選べるぞ

 

運命の分岐点

 

とりあえず白夜から始めるけど…

どっちを選んでも片方の仲間たちを裏切るような形になってしまう!

 

主人公は白夜で生まれて暗夜で育った…

だから暗夜の人は15年(?)くらい一緒に暮らしてきた兄弟がいて、

白夜には主人公との再会を喜ぶ兄弟がいるわけですよ

 

う〜んつらい…!

エンディングでは幸せになって欲しいね

 

社長が訊く『ファイアーエムブレムif』を見ると

シナリオにかなり期待できそうでとても楽しみ

 

 

ファイアーエムブレムはキャラデザがとても好み

コザキユースケさんのデザイン好きすぎてやべえよ…

って思ってたらキャラゲー要素がさらに爆発してた

 

FEパルレ

 

ポケパルレ!!

 

 

女の子を撫でると支援レベルが上がって、バトルでの能力がアップするぞ!

 

…ん?どこかで聞いたな…

 

 

まあいいや、

 

ちなみに女の子だけじゃなくてみんな大好きオッサンやジジイもなでなでできるぞ

 

キャラの親密度が高くなると「結婚」できるシステムが一部のFEであるんだけど、

もちろん本作でも結婚できる。

 

しかも本作は同性婚対応!

 

な、ナンダッテー!!

と思ったけど洋ゲーではよくあることらしい…

 

FE覚醒の時もその手の団体から抗議があったらしく、

トモコレも批判されていた任天堂がそれに対応した形になったのだろうか

参考:『ファイアーエムブレム』最新作では“同性婚”に対応、主人公キャラクターが同じ性のキャラと結婚可能に | AUTOMATON

 

 

 

本作の新キャラを見てみるとなんだか前作で見たことあるような人たちがちらほら

 

ルーナさん

 

も、もしかして!?と思ったらサントラに伏線っぽいものがあるらしい

 

 

これは…!

FEは以前、地理的に離れた場所が舞台の外伝的作品でも

前作キャラが漂着してました〜みたいな設定あったから

この線はありうるな…

 

 

まだまだ始めたばっかだからこっから楽しむぞ〜

 

長くなってしまったので一旦区切り

 

また次回〜

 

 

コメントを残す