デジタルな日々

【君イカ!イカ!…】Splatoon!やってみて


 

先週Splatoonが発売されて3日ほど触ってみたんだが、

中毒性すごいなれこれ

E3で発表された時から「アイデアすげー」とか「面白くないはずがない」とか言われてたけど、本当に面白い

 

CGKQi2cUoAABZsV.jpg-large

 

ジャンルとしては一応TPSにはいるのかな…?

TPSとは

TPSとかFPSとかいうと基本殺伐として戦場で銃を撃って殺しあう生々しいゲームが多いんだけど、

これは殺すのが目的じゃなくてインクで塗るのが目的

だから戦闘に参加しなくてもこっそり誰もいないところを塗ったりできて、3Dゲームが得意じゃない人でも楽しめるようになっている

あとグロくなくて平和

 

WiiU_screenshot_TV_0162B

 

これがTPSに対する任天堂の答えだ!!」って海外の雑誌に取り上げられてて感動したけど、当の開発者によると「特に意識したわけではなく新しいゲームを作ったらこうなった」らしい

 

WiiU_screenshot_TV_0162B

 

任天堂としてもこれまでにないオンライン対戦が主軸で「大丈夫なのか!?」と思ったが、結果良かったと思う

 

※画像はバトルドージョーのものです

WiiU_screenshot_TV_0162B

 

かかったな!バカめ!!」と敵に待ちぶせされたり、

1人で敵陣に攻め込んで「今だ!みんな攻めこむぞ!」とか、

オイオイみんな、ちゃんと隅まで塗ろうぜ…」ってやれやれしたり、

俺はこっちを塗るぜ!」「わかった、俺は前線につっこむぜ!」とか、

 

チャットがあるわけじゃないけど不思議なコミュニケーションがとれてるのがとても楽しい

 

AIでここまでできたら良いけど、今ではまだ難しいのかもしれないね

 

操作

 

操作はゲームパッドを使う。

 

Lスティックで移動

ZL(押しやすい方)押している間イカに変身

 

ZR(押しやすい方)でインク発射 or 塗り

R(押しにくい方)でサブウェポン

Rスティック押し込みでスペシャルウェポン

 

カメラは

ジャイロで上下、Rスティックで左右(ジャイロでも左右に動く)

Rスティックで上下左右

が選べる

 

WiiU_screenshot_GamePad_0162B

 

ジャイロはYでリセットすることができる。

 

最初ジャイロの加減がわからなくて焦って変な姿勢でリセットしちゃったりしたけど、

慣れたらスゴく使いやすい

 

高いところから相手のインクでいっぱいの場所に降りて、

自分の下を塗ったらすぐ周りを塗るとかすぐにできる。

 

 

忘れてた!!

あとXでジャンプだ!

 

WiiU_screenshot_TV_0162B

 

ジャンプで飛べる高さはわりと低くて、基本壁にインクを塗ってイカで登っていくことになる。

 

なのであんまり使い所がない…

かと思いきや!

 

イカで助走を付けてジャンプで移動したり、

上手い人は相手のインクを避けるためにジャンプでつっこみつつ塗りつつまたジャンプして…といった高度なテクニックに用いることもできるみたい

 

 

武器

 

武器は大まかにわけて3種類

 

連射しつつそこそこぬれて敵も倒せる中距離型

シューター

 

 

塗りメインでありつつも敵を轢いて倒せる近距離型

 

 

ローラー

 

 

溜め時間がかかるが遠くから相手をスナイプできる遠距離型

 

 

チャージャー

 

 

 

ざっと使った感じではシューターが普通に使いやすかったかなあ

最初はローラー気持よくて極めようと思ったけど

上手い人はチャージャー使ってバンバン敵倒してるイメージがある

 

 

 

地形

 

地形の攻略としてはやっぱり、

 

上を取れ!!

 

ダッシュして敵を押し込め!!

 

とうのが大事だと感じた

 

※画像はバトルドージョーのものです

WiiU_screenshot_TV_0162B

 

相手より上にいれば、当然狙いやすい広範囲を塗ることができる。

まあもちろん下からもボムとかで狙われるんだけど、それにしても有利だと思う

(意外と上に登らない人も多いし…今現在ね)

 

壁を塗っても勝敗には関係ないが、登るためには塗らなければならない

だから、どこ塗ってもちゃんとリターンがあるのが良いね

 

 

ナワバリバトルは両チームがそれぞれマップの両極端からスタートして攻めていくようになっている。

なので大体マップ中央辺りで両者がぶつかり、戦闘が始まる。

だけどスタート後急いでダッシュして距離を詰めれば、より相手側で陣地を押しとどめておくおとができる。

 

このときスプラッシュシールドとかが便利だね

 

スプラッシュシールドはサブウェポンで、

サブウェポンは一定量インクを消費して仕様することができる。

 

 

スプラッシュシールドは壁のように使うことができる。

敵はシールドを通ることができないし、敵のインクも通さない。

 

 

相手のスタート地点近くでスプラッシュシールド使って、出口塞いで何人も倒した時は脳汁やばかった

 

 

WiiU_screenshot_TV_0162B

 

とりあえず長くなりそうなので一旦区切ります。

またギアとかヒーローモードとかMiiverseとか、まとめようかなと思います。

 

 

 

発売前はこの盛り上がりがいつまで続くかな…とか思ってたけど、

対人戦なだけあってかなり長い間楽しめそう…!

 

気になった人は是非!!

 

 

 

コメントを残す