デジタルな日々

UnityでFFっぽいものを作る1


 

Unityの使い方をある程度覚えたから、なんか1つゲームを作ってみたいと思い、作ってみることにした

 

UnityでFF1

 

RPGなら比較的簡単に作れると思い、お風呂で構想をねり、まずはFFのアクティブタイムバトルを再現してみるぞ

 

アクティブタイムバトル、通称ATBとはファイナルファンタジーシリーズの特徴的なシステムで、よくあるターン制とは異なりキャラ1人1人に時間ゲージが存在して時間がたまると行動できるようになっている。

 

 

↑こんな感じのものを作りたい

 

 

Assetは自分で作れない(頑張ればBlenderで作れるかもだけどほとんど使ったことないので膨大な時間がかかる)のでとりあえずAssetStoreから使えそうなのを選んでダウンロードしてみた

 

  • Unity-Chan

    おなじみユニティちゃん、すでに色々なスクリプトやモーションのあるプレハブがある。主人公にする

  • Unity-Mask-Man

    Unity仮面。ユニティちゃんと互換がある。今回は敵役にでもなってもらいましょう。かっこいいモーションもあるので技とかに使えそう。

  • Mecanim Example Scenes

    空き地をステージとして使う。モーションもいいのありそう。

 

まあ僕はカタチから入るタイプなのでとりあえずババンとアセットを配置しちゃったぜ

 

ステージはMecanim Exampleの空き地プレハブ(tutorialArena_01_static)を使用した、キャラとのサイズが合わなかったのでScale0.5くらいにするとちょうどよくなった

 

 

ところが組み合わせてみるとレンダリングのずれ(?)で光のバランスがおかしい感じがした。
例えばユニティちゃんがちょうどよい明るさになるようにすると背景がまぶしすぎて、背景に合わせるとユニティちゃんが暗いといった感じだ

 

lightmapping設定
LightMappingWindow

 

 

いろいろいじったあげくWindow>LightMappingを開いてClearボタンを押したら直った
おそらくオブジェクトごとに設定がされていてそれがリセットしたことで元に戻ったんだと思う。

 

 

ユニティちゃんのプレハブは「unitychan_dynamic_locomotion」を使った、けどRPGなので動きはゲームで制御するのでこれじゃなくてもよかったかもしれない
いらないスクリプトを消したり、GUIをコメントアウトしたりした。

 

 

コマンド欄とかのGUIはGUITextとかGUITextureを使って作った。

 

FF9のイメージが強かったからか、ドット文字を使いたいと思ってフリーフォントを探してみた
こちらのサイトからPixelM+というフォントを使用させていただきました。(ダウンロード欄にあるsourceforgeページからダウンロードして解凍すると中にttfファイルがあります。)

 

ttfファイルはGUITextのFont欄にドラッグ&ドロップすれば簡単にフォントを変えられます

 

Unityフォント設定

 

 

 

てなワケでこんな感じになりました

 

 

UnityでFF1

 

 

でもGUITextとか使うのってあんまり良くないんだよなあ、画面サイズによってずれちゃったりしちゃうし…

 

前にUnityの人に聞いてみたら3DTextureをうまくつかうといいと教えてくれた、

 

からそうしようかなあと思ってググってみたら

 

Unity4.6からUIがより便利になってるらしい!!!
uGUIとか言うらしい!!

 

Unity 4.6で、uGUIを使ってみた。 | Unity | Rising App

 

おお!これは便利そう

 

 

 

アップデートしなきゃ

 

Unity4.6インストール

 

長い…

 

 

つづく

UnityでFFっぽいものを作る2(uGUI設置)

 

ユニティちゃんライセンス

このコンテンツは、『ユニティちゃんライセンス』で提供されています

コメントを残す