デジタルな日々

Unity5でanimatorのアニメーションを逆再生する


 

Unity5以前は

animator.speedの値をこんな風に

負の数にすることで逆再生をすることができたのですが、

Unity5でこれを実行しようとすると

Animator.speed can only be negative when Animator recorder is enabled. Animator.recorderMode != AnimatorRecorderMode.Offline

との警告が出てアニメーションが止まってしまいます。

 

Unity5で逆再生を行うにはちょっとした手順が必要なようです。

 

まずAnimatorウィンドウで “Speed” という float型パラメータを作成します。

名前は”Speed”じゃなくてもいいです。

 

AnimatorにSpeedを作る

 

 

 

逆再生させたいAnimatorStateを選択し、Inspectorビューを開いたら…

 

AnimatorStateのMultiplierを設定

 

Speed / Multiplier の Parameter にチェックを入れ、先ほど作成したパラメータ”Speed”を選択します。

 

これでこのアニメーションのSpeedが、パラメータの”Speed”と同期されるようになりました。

 

なのでコードからは、

のように呼び出すことで、アニメーションを逆再生できるようになります。

 

 

 

コメントを残す