デジタルな日々

パッケージ版とダウンロード版の違い


近年パッケージ版ゲームソフトのダウンロード版(DL版)の売上が徐々に高まってきているけど

 

どちらを買うか悩んでいる人も結構いるんじゃないかな?

ここで自分なりにパッケージ版とダウンロード版(DL版)のメリット・デメリットを挙げてみようと思う

 

パッケージ版

メリット

  • 値段が安い(小売店の努力による)
  • 発売後値下がりする場合がある
  • 複数の本体で遊べる
  • 売れる

 

デメリット

  • ソフトの入れ替えが必要
  • (ディスクソフトなどの場合)読み込みが遅い
  • ソフトを無くす危険性がある

 

ダウンロード版

メリット

  • ソフトの入れ替えの手間がかからない
  • (ディスクソフトと比較して)読み込みが速い
  • うっかり消してしまっても再ダウンロードできる
  • 次世代機への互換がある場合もある(例:PSPからVita)

 

デメリット

  • パッケージ版に比べ値段が高いことが多い(定価やそれより少し安い程度)
  • 発売後も基本的に値下げされない
  • 基本的にダウンロードした本体以外では遊べない

 

 

なので自分は、「絶対に売らないゲーム」や「毎日少しづつ遊ぶようなゲーム」、「発売後すぐに遊びたいゲーム」はダウンロード版、

「あとで売るかもしれないゲーム」や「がっつりそれだけやってクリアしたらしばらくやらなそうなゲーム」「発売後に安くなってから買いたいゲーム」はパッケージ版を買うようにしている。

 

例えばどう森やマリカはDL版で、逆裁はパッケージ版で買っている。

 

まあ最近はできるだけDL版にしようとしてるかな、

パッケージ版のものとして持ちたい気持ちも分かるんだけど最近は説明書もないものが多いし、任天堂のDLカードはパッケージ版の裏表と同じ説明載ってるから別段困らないんだよね。

 

パッケージ版を買う理由は安いこと!逆裁5なんか1年もしないでAmazonで半額になったからな

 

 

個人的にはDL版なかなかおすすめだぞ

 

場所とらないしWiiUのディスクの入れ替えないのはすごい楽、コントローラと本体が離れてるからわざわざ本体に近づいてディスク入れてっていう作業が意外と面倒なんだよね

 

あとDL版だとデータ消えるのが怖いっていう人は結構いるけど、購入したものは何度でも再ダウンロードできるから大丈夫だよ
セーブデータが消えちゃう危険性はどっちも同じ

 

データを保存するSDカードとかもAmazonの並行輸入品とかならだいぶ安くいいものが買えるからおすすめ。

3DS容量
3DSなら16GB買っとけばソフト10本くらいは入るよ

 

と、まあDL版の社員になってしまったがパッケージ版の良さもあるわけで、「モノとして持ちたい」とか「安く買いたい」とかあるので、好きな方を選んでね

 

コメントを残す